徒然なるままに花と愛犬の写真を


by katoliinu

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




     <公共工事>


2人のブロンド娘が市の公共事業部で働いていた。

一人が穴を掘るともう一人が後に続いて穴を埋め戻すのだった。

二人は通りの片側の作業がすむと反対側に進み、そこがすむと次の通りに移動し、

休憩もとらずに猛烈な働きようだった。

一人が穴を掘る、もう一人が埋め戻す反復作業だ。



その猛烈な働き振りに、作業を見ていた男がたまげた。

だが、いったい何の工事をしているのか理解できない。

そこで彼は穴を掘っている方のブロンドに訊いてみた。

「あなた方が仕事に打ち込んでいる姿に私は感服しました。

だけど私には合点がいきません。あなたのお連れさんが後からついてきて埋め戻す。

そのための穴をあなたはどうして掘るんですか?」



すると彼女は額の汗をぬぐって、溜息まじりに言った。

「ええ、いつもは三人一組になってする仕事なの。

だから奇妙なことをしているように見えると思うのよ。

だけど今日は街路樹を植える子が病気で休んじゃったの。」







<ハゲタカ弁護士>


定期旅客機のエンジンに不調が発生した。

機長は客室乗務員に指示を出して、乗客が席に戻り、緊急着陸にそなえるよう処置をとった。

数分後、機長は全員の乗客がシートベルトを締め、

事態にそなえたかどうか、客室乗務員に確認を求めた。

「機長、全員が席に戻りました。.」と返事がコックピットに返された。

「ただし、何人かの弁護士は客席を回って、名刺を配っています。」

   






    < 牛と豚 >


人里はなれた田舎道を走っているとき、車が故障した。

乗っていた3人は1軒の農家を見つけて、一晩泊めてくれるよう頼んだ。



農家の主人は貧しいながらも何とかしてあげたいという精一杯の気持ちで、

ベッドは2つしかないので、1人は納屋で休んでいただかなければならない、といった。



礼儀正しいヒンズー教徒の数学者は、結構ですと言ってさっさと納屋へ行った。

程なくして彼は戻ってきた。

申しわけなさそうに、宗教上の理由から牛のいる納屋で休むわけにはゆかないと説明した。




3人の中の次の1人、保守的なユダヤ教指導者は自発的に寝具を抱えて納屋へ行った。

彼は出て行ってから間もなく、豚と一緒に過ごすわけにはいかないといって戻ってきた。




最後の1人、弁護士が自分の持ち物を引き寄せて、

ため息をつきながら、いやいや納屋へ移って行った。

間をおかずして、またまたドアーを叩く音が聞こえた。



それに答えて家主がドアを開けると、逃げ出してきたのは牛と豚だった。









b0123964_03364.jpg

[PR]
by katoliinu | 2010-11-28 00:36 | 小話



アメリカの映画や小話を見たり読んだりしてると、

「ブロンド美人は頭がゆる~い」、「弁護士は吝嗇な人」というレッテルが貼られていますね。





     <電子レンジ>


ブロンド娘がデパートに入ってゆき、店員に電子レンジを買いたいと伝えた。

すると、「まことに申し訳ありませんが。」といって店員が説明した。

「恐縮ですが手前どもではブロンドの方には、余りにも危険ですから、

電子レンジの販売を控えさせていただいております。」


ブロンド娘は店員の物言いにすっかりおかんむりになってしまい、

何が何でもこの店で電子レンジを手に入れてやる、と決心した。


彼女は自宅に戻り、髪を茶色に染め、翌日もう一度、くだんのデパートにやってきた。

彼女は断固とした決意で家電製品の前に立ち、店員にきっぱりと宣言した。

「この電子レンジを頂きますわ。」


すると店員が言った。

「まことに申し訳ありませんが、お嬢さま、

手前どもではブロンドの方には販売を控えさせていただいています。 」

「何ですって?」とブロンド娘は驚き、どうして自分がブロンドだと分かったのか店員に訊いた。

「はい、一つにはですね、お嬢さまの前にあるその商品はテレビなんでございます。」






     <魔法瓶>

ブロンド娘が買い物をしていると、銀色に輝いた砲弾のようなものが目に入った。

彼女はそれがたいそう気に入ったので店員のところへ持っていき、何に使うものか尋ねた。

店員は説明した。

「これは魔法瓶といいます。熱いものは熱いままに、冷たいものは冷たいままに保つものです。」

「ワオ!凄いわね。頂きますわ。」彼女は魔法瓶を買って、翌日、職場に持って行った。

やはり彼女と同じブロンドの上司が、机の上においてある魔法瓶を見て「それは何なの?」と尋ねた。

「魔法瓶ていうの。熱いものは熱いままに、冷たいものは冷たいままに保てるのよ。」と答えた。

「ワオ! 凄いわね。で、何が入ってるの?」

「アイスキャンデー2個と熱いコーヒーなの。」





       <相談料>

弁護士の飼犬が紐を振り切って、まっしぐらに近所の肉屋に跳び込み、ロースト肉を一片盗んで行った。


肉屋は弁護士の事務所へいって、訊いてみた。

「紐を振り切った犬がうちの店から肉を盗って行った場合、

犬の飼主に肉代を請求する権利があるもんでしょうか?」


「もちろんありますとも。」と弁護士が答えた。

肉屋はすかさず鸚鵡返しにいった。

「ああよかった、今朝がた、お宅の犬が店のローストを咥えて行ったんです。

あんたは私に7.99ドルの借りができたんですよ。」


弁護士は何も云わずに肉屋に7.99ドルの小切手を書いた。

数日後、肉屋が配達された郵便物に目を通したところ、弁護士から一通の封書が届いていた。

中身を見ると 「金250ドル也。但し相談料。」









b0123964_21564384.jpg

[PR]
by katoliinu | 2010-11-25 22:00

うどん


        友達から、お土産に讃岐うどんをもらっちゃいました 060.gif



                 今夜は釜揚げうどんでーす。
b0123964_2253176.jpg

           うどんは淡白なので、チンゲン菜を茹でてお皿に敷いて、
        豚ロースをニンニク&バジルでソテーしたものを乗っけた、こってり副菜も。






讃岐うどんというと、四国。

なかでも香川県民は毎日うどんを食べてる。な~んて話がありますよねっ。

「香川の蛇口からはうどんのダシが出る。」という笑い話があるくらいですもん。

でもこれが笑いのネタではなく、今年現実になったそうですね~ 005.gif

「うどんのダシが出る蛇口」は、高松空港内にオープンした「空の駅かがわ」に備えつけてあり、

1日約200名が試飲できるそう。

マイどんぶり&マイ箸にうどん玉を持って、高松空港に行けばただでうどんが食べれるーーーー^-^



          「うどんダシの出る蛇口」動画はこちら(香川県HP)
[PR]
by katoliinu | 2010-11-20 22:08 | 料理


    <裸の女性で目くらまし>


インド日刊紙ヒンドスタイン・タイムズによると、

同国東部ジャルカンド州の森林地帯で、

違法に木材を伐採している森林泥棒集団が、

摘発に出動した警官隊の注意をそらすため、

一味の女性を裸で飛び出させ、

まんまと逃走に成功する事例が相次いでいる。


地元の森林管理当局者は、

「ストリップ作戦が森林泥棒の得意技であることは分っている。」と話している。

しかし、実際に裸の女性を目にすると、警官隊は気が動転してしまい、

犯人追跡ができなくなってしまうという。

裸になる女性には、金銭で雇われている者もいる。



インドでは違法伐採の横行で、森林の消失が進行。

森林面積は国土の21%にとどまっている。    (ニューデリー=ロイターES・時事)








         

                  053.gif053.gif裸族のギャル、ケサンでーす053.gif053.gif
b0123964_2114277.jpg

       もしも地球46臆年の歴史を1年に縮めたとすると、

       科学技術を持った人類が誕生したのは、

       大みそかの12月31日午後11時59分58秒なんだってさ。

       長い時間をかけて地球が作り上げた環境を大事にしないと、

       人類との共存は難しくなるワン 008.gif
[PR]
by katoliinu | 2010-11-11 21:17 | つぶやき

これ、なーんだ



昨年は7個を収穫したレモンですが、

今年は、二桁の16個が実って、



 ヘ(^ヘ^)(^ノ^)ノ
o(^-^o)♪☆(o^-^)o~♪ 豊作のダンス



酔っ払いが、焼酎を割るのに青レモン1個使ったので~、

現在は15個が可愛く、黄色になるのを待って木に下がっています。
b0123964_2264797.jpg

        ↑ 6個かたまって実ってます。可愛いでしょ。^-^


友人におすそ分けして、残ったら「レモンのマーマレード」を作ろうかなぁ。

苦くてすっぱいマーマレードができるでしょうね。









               ↓ これ、なんだかわかります?
b0123964_2272224.jpg

双葉から、三枚の葉をつけた赤ちゃん植物がウニャウニャ生えてますね~

そう、葉っぱが3つだから、三つ葉です。

根三つ葉を買って、上は食料にして残った根っこを地面に植えたんですよね。

そしたら初夏に花が咲いて、酷暑を種で乗り切り、秋に発芽。

これからの厳寒を乗り越えて、また春にカトちゃんが食べれるよーに 

      三つ葉大きくな~れ!
[PR]
by katoliinu | 2010-11-07 22:10 | 野菜・果物