徒然なるままに花と愛犬の写真を


by katoliinu

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キャベツのメンチカツ



むかしはハンバーグを食べていたのですが、最近は殆んど食べません。

歳なんですかね? ひき肉料理を作る回数が減ってきてる気がします。

しかし、メンチカツは別。  メンチは好きで作りますね~016.gif






新玉ネギや春キャベツが出回って、美味しいですよねっ。

大きめに切った春キャベツを入れたメンチカツを作りました。
b0123964_20254072.jpg



          
       

ざく切りしたキャベツに塩して軽く絞って~、

みじん切りした新玉ねぎを炒めて~、
b0123964_20292272.jpg



               



パン粉・牛乳・おろし生姜・塩・胡椒も加えて、まぜまぜ^-^
b0123964_20294193.jpg







            形を整えて~、
b0123964_2030575.jpg









      いい色に揚がって、あつあつをパクッ! 
b0123964_20303885.jpg
 
               うま・うま^-^ 001.gif
[PR]
by katoliinu | 2011-04-30 20:35 | 料理

6組母の会開催

ペニンシュラホテルで「開成6組母の会」が開催されました。

26Fにあるレストランから見る景色。


 
                皇居
b0123964_0103955.jpg







          スカイツリーがビルの間に見えますね。
b0123964_011230.jpg






ゴンちゃんの挨拶のあと、ワイン&ソフトドリンクで乾杯をして~、

お食事をしながら、一人づつ近況報告などしました。

震災の時は皆さん大変で、

中には、家に帰れず外出先で宿泊した人もいました。




momoちゃんのご主人は胃癌で手術をしたそーです。
b0123964_0112521.jpg








              参加したのは11名。

b0123964_01146100.jpgb0123964_012326.jpg










b0123964_0133327.jpgb0123964_0143851.jpg










b0123964_0164836.jpg
b0123964_0171910.jpg









来年の幹事さん、キムちゃん&コーちゃん、よろしこ。
[PR]
by katoliinu | 2011-04-28 00:22 | 食べ歩き

ブラン



深夜、酔っ払いとJUNNEとカトちゃんに看取られて、

ブランが虹の橋を渡っていきました。
b0123964_2041981.jpg












          たくさんの思い出、ほんとに、ありがと。072.gif
b0123964_202552.jpg

[PR]
by katoliinu | 2011-04-24 20:05 |

RAYちゃん

         

     生後2日目のRAYちゃん048.gif
b0123964_10474051.jpg







              シワシワの足072.gif
b0123964_10475783.jpg








              指がなが~い。(将来はピアニスト^^)060.gif
b0123964_10483271.jpg








              ピアノが趣味のパパと較べて。049.gif
b0123964_10485329.jpg








              053.gif 初孫RAYちゃん&カトちゃん 035.gif
b0123964_10491680.jpg

                 元気に育ってねっ。
[PR]
by katoliinu | 2011-04-15 10:51 | つぶやき





手品は見ていて楽しいですよね~

タネとか仕掛けがあると分かっていても驚いちゃいます。



こちらは、笑いながら見れるショー的な手品
   ↓

men in coats
[PR]
by katoliinu | 2011-04-04 16:00 | つぶやき

手品師とオウム


一人の手品師がカリブ海をゆくクルーザー船で働いていた。

乗船してくる客は毎週替わるので、手品師は同じ出し物を繰り返した。

だが、具合の悪いことが一つあった。船長の愛玩しているオウムが同じ出し物を毎週見ていたのだ。

そのため、手品師が繰り出すトリックの仕掛けをほとんど理解し始めていた。




オウムはいったんトリックが分かると、ショーの最中に叫びだすのだった。

「ほらね、帽子を差し替えたのさ!」とか「ほら、見て、花をテーブルの下に隠したよ!」といったり、

「ねえ、どうしてスペードのエースばっかり持ってるの?」などと叫ぶのだ。




手品師は怒り狂ったがどうすることもできない。なんと言っても、オウムは船長のペットなのだ。

それから間もなくして、クルーザー船は海上で嵐に見舞われ、乗客もろとも沈没してしまった。




手品師は幸いなことに、気がつくと海の真ん中に浮かぶ木片につかまっていた。

ところが、その木片にはなんと、例のオウムの奴もとまっていたのだ。

手品師とオウムは互いに睨みあって、口も利かなかった。




1日たち、2日たち、3日が過ぎた。

ついに4日目になって、オウムは我慢できなくなって口を開いた。

「いいでしょう、降参です。いったい、船をどこに隠したんですか?」  021.gif






b0123964_1454149.jpg

[PR]
by katoliinu | 2011-04-01 14:09 | 小話