徒然なるままに花と愛犬の写真を


by katoliinu

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

柳瀬川



サンドイッチが好きでよく作るのですが、パンのミミが貯まります。

小さく切って袋に入れて、冷凍保存してミキサーでパン粉にします^-^




b0123964_20402679.jpg


今回は、ケ~ちゃんとパンのミミを持って、柳瀬川にサイクリング。








          川には鯉が沢山います
b0123964_2040576.jpg







        餌(パンのミミ)を投げると取り合い^^
b0123964_2041162.jpg







       鯉たちの水しぶきの音で鴨も参戦^-^
b0123964_2041337.jpg






生活排水やゴミのポイ捨てで川が汚染されてます。

もうすこーし綺麗な水になるといいですね。
[PR]
by katoliinu | 2012-06-26 20:46 |

新体操

台風が来ましたね。

雨 風 雷が伴うということで、ジィーーーと通過するのを自宅待機。

関東は夜中に通り過ぎて、今日は蒸し暑い一日でした。




さて、

カトちゃんは中学生の頃、部活で新体操をやってました。

個人ではなく、5人で団体を組んで音楽に合わせての体操競技でした。

50年前は今と違って、新体操はマイナーな競技。

しかし女子は、オリンピック種目になったこともあり、

レベルアップして見ごたえある感動するスポーツになりましたね。



         ↓ こちらは、男子の新体操 <青森大学>
http://www.youtube.com/watch?v=DeOnt7lwiN0&feature=related
           息を一つにして 美しさ&力強さ






積み木は、崩す楽しみのために積んでいきますが、
 ↓こちらも人間ピラミッドを崩すところからスタート<井原高校>
http://www.youtube.com/watch?v=XQBfiYyP4Aw&feature=related









b0123964_16585695.jpg

[PR]
by katoliinu | 2012-06-20 16:39 | つぶやき

鉢植えの花


b0123964_21114613.jpg


            お花をいただきました^-^









b0123964_2112679.jpg

            ケサン: 好い匂いだワン^^





ハイビスカスは一日花なので、切花には向きませんね。

でも、鮮やかな夏らしい花なのでウッドデッキにピッタリ!






ケサンも女の子    お花を見て、にこやかな顔をしてますね~   
b0123964_21123255.jpg

[PR]
by katoliinu | 2012-06-17 21:13 |

包丁とぎ


関東地方はいい天気でしたね~

昨日は雨で傘を差して、用足し^-^だけの散歩だったケ~ちゃんだったので、

今日はサイクリングに行ってきました。
b0123964_20372917.jpg







途中、無人販売所でおばあさんが花束を追加補充してました。

採ったばかりの新鮮そーな花を100えんでげっと、、でーす^^
b0123964_2038953.jpg

b0123964_20383653.jpg







そして~、テントになにやら人が集まってワイワイやってます・・・

柵の中のブルーシートにズラーーーッとならんでるものが・・・
b0123964_2039122.jpg




何をしてるのか覗いて見たら、

「包丁とぎ・まな板削り  1本(1枚)=200円」

ですって!!
b0123964_20403579.jpg





あと、

子供が職人のおじさんと木工工作してたり~、木工品販売してました。

カトちゃん、「包丁とまな板、お願いできますか?」 って聞いたら、

「いいですよ。200円のうち100円は東日本大震災義援金に寄付します!」

これって、いいですよね~

すぐ帰宅して、まな板&包丁持って行き、

2時間後に取りに行くと、出来上がってました
b0123964_2041251.jpg




刃こぼれも直り、まな板はツルツル。

さ~ぁ~っ、お料理 がんばらないとね~
[PR]
by katoliinu | 2012-06-10 20:45 | つぶやき

春 琴 抄


少女は盲目の自分が嫌いだった。そればかりか誰も彼もが嫌いだった。だがボーイフレンドだけは別だった。少年は少女のためにいつも傍に付き添っていた。あるとき少女が少年に打ち明けた。

「もしこの目が見えさえすれば私はあなたと結婚したいわ」

そんなことがあってから、ある日、誰からか一対の眼球が少女に提供された。包帯が外れたとき、少女はボーイフレンドはもちろん何もかも見えるようになった。

少年は「とうとう世の中が見えるようになりましたね。僕と結婚してくれますか」と少女に尋ねた。そのとき少女はボーイフレンドを見て、彼も盲目であることを知った。閉じているまぶたを見てショックをうけた。少女には思いがけない事実だった。

これからの生涯のことを考えると、少女の心は少年との結婚を否定する方向に押しやられてしまった。

ボーイフレンドは涙にくれて立ち去った。暫くして、短い手紙を少女に書き送った。それには次のようにしたためられていた。

「あなたの目を大切にしてください。その目はかつて私の目でした」






b0123964_19522052.jpg

[PR]
by katoliinu | 2012-06-03 19:53 | 小話