徒然なるままに花と愛犬の写真を


by katoliinu

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 上場企業の売買単位の引き下げや株式分割などで、株式の購入に必要な最低投資金額(株価×売買単位)は低下傾向にある。東証1部上場企業では382社が最低投資金額10万円以下で購入できる。また、ネット証券の多くでは約定金額が低い取引の手数料を重点的に引き下げており、無料や100円以下など売買手数料を気にせずに売買が可能となっている。

 最低投資金額が10万円以下の銘柄は小額資金で購入できるほか、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入したり、買付や売却の時期を分散できるメリットがある。今回は今期の経常利益が2ケタ増益を見込み、かつ予想PER(株価収益率)が東証1部平均の17.1倍を下回る銘柄に注目してみた。

 下表は東証1部上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が10万円以下、(2)今期経常利益が前期比10%以上増益、(3)予想PERが12倍以下――を条件に投資妙味が高まる割安な「お宝候補」22社を選び出し、最低投資金額の低い順に記した。(※最低投資金額、PERは2日現在)

 なお、4日(日)16時00分に「2ケタ増益&低PER『お宝候補』【2部・新興】編」を配信する予定です。ご期待下さい。
<1805> 飛島建     18400  20.8  6100   8.2
<2112> 塩水糖     27200  19.3  1000   9.5
<2768> 双日      36600  38.0  80000   8.2
<6489> 前沢工業    45100   253  1130  10.6
<1921> 巴       61200  15.0  3400   9.3

<8070> 東京産     61900  32.0  2100  11.9
<1890> 東洋建     63700  32.8  8400  10.7
<9831> ヤマダ電    67100  26.1  83300  11.4
<1873> 日本ハウス   70000  33.6  5500   8.9
<8334> 群馬銀     70000  13.6  41500  10.8

<5020> JXTG    74080  50.5 375000  10.1
<4826> CIJ     74700  30.5  1600  11.6
<3284> フージャース  75300  12.7  6000   5.3
<7247> ミクニ     81100  15.3  4000  10.9
<6445> 蛇の目     83400  21.7  2600   9.0

<8860> フジ住     86000  10.1  6300   7.3
<7619> 田中商事    86200  44.9  1630   7.7
<5702> 大紀ア     90300  28.1  6000   9.0
<1420> サンヨーH   91700  17.1  1820   9.4
<3376> オンリー    96000  24.3   945   7.8

<5805> 昭電線HD   96000  92.2  4700   8.7
<3023> ラサ商事    98500  19.0  1950   9.0

[PR]
by katoliinu | 2018-02-05 11:12